笑太夢 profile   笑太夢マジックのリーダー、笑太夢(林太一) が、1978年故・初代 引田天功師の事務所などでステージ活動を開始し、マジックにパントマイムをいち早く取り入れるなど注目を浴びる。   1980年『日本一マジック大賞』で、 “ 優秀スライハンド賞 ” を受賞。 同年『マジックツアー』では、「優秀賞」を獲得。『全国奇術大会』に於いては、「オリジナル賞」など数々の賞を受賞。 1993年 ニューオリンズ『ソサエティー・オブ・アメリカン・マジシャンズ大会』にゲスト出演。   1999年~ 笑太夢マジックにキッズマジシャンのココロが(3歳でデビュー)加わる。 同年、新橋演舞場公演「花の天勝」にマジシャンとして一ケ月出演。   2000年 ポルトガルでは『フィズム』マジックオリンピックに出演。   2001年 上海『 世界マジックフェスティバル』では、日本代表の一組として出演し、 日本人初入賞となる「銅賞」を受賞。 2007年 文化庁芸術祭に参加。2008年から年に二回の自主公演「カルーア伝説」を連続公演。   2009年 新作自主公演「魔法の森」を発表。 現在は、大人から子供まで楽しめる「笑太夢マジック」ならではのファンタスティックな、 イリュージョンショーと楽しく環境問題を考えるエコロジカルマジックショーの2本を柱に、 ストリートパフォーマンス(マジック、パントマイム)、大道芸もこなす。   また、新橋演舞場公演の『狸御殿』や『花の天勝』のマジック指導、 TV 『ウッチャン・ナンチャンのウリナリ』ではパントマイムなどの指導を手がける。 ダウンタウンのTV番組、 韓国の人気俳優キム・スンウや、人気グループスマップの 稲垣吾郎さんにマジックを指導。 日本公演のみならず、海外公演などに幅広く活躍中。 ★ 社団法人 日本奇術協会理事 ★ JMA 日本奇術連盟幹事 ★ 日本演芸家連合理事
お問い合わせはこちら